News From http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/


台湾王者・統一が韓国SK破り、西武とともに決勝進出!
=プロ野球アジアシリーズ

 

Photo from http://www.jsports.co.jp/tv/baseball/blog/

 アジアのプロ野球チームナンバーワンを決める「アジアシリーズ2008」の予選リーグ最終戦が15日、東京ドームで行われ、第2試合で統一7-ELEVEnライオンズ(CPBL/台湾)がSKワイバーンズ(KBO/韓国)を10対4で下した。この結果、統一とSK、埼玉西武ライオンズ(NPB/日本)が2勝1敗で並び、失点率の差で埼玉西武(失点率0.29)が1位、統一(同0.38)が2位となり決勝進出を決めた。SKはこの試合の大量失点が響き、失点率0.54で3位となった。埼玉西武対統一で争われる決勝は16日、午後2時から東京ドームで開催される。

 統一は1点リードを許した4回、ブリトー、高國慶の連打でチャンスをつくる。ここで打席に立った6番・陽森がタイムリーヒットを放ち同点に追いつくと、7番・劉芙豪の勝ち越し3ラン、8番・高志綱の2者連続となるソロ本塁打でたたみ掛け、この回一挙5点を奪った。さらに、5回には陳連宏のソロ本塁打、8回にも劉芙豪にこの日2本目となる3ランが飛び出し、一発攻勢でSKを突き放した。
 投げては3番手の曾翊誠の好投が光った。2点差に迫られた8回、走者一塁の場面でマウンドに上がると、趙東和を見逃し三振、金宰ヒョンをセカンドゴロダブルプレーに切って取り、SKの反撃を断った。先発した林岳平も7回3失点と役割を果たした。

 一方、SKは先発の蔡秉龍と7番手の鄭大ヒョンの乱調が誤算だった。蔡秉龍がは1点リードした4回、劉芙豪の3ランなどで5失点を喫しKOされた。鄭大ヒョンは2点差の8回、劉芙豪に一発を浴びるなど4失点。2番手の鄭ウラム以降、細かい継投で統一打線をかわしていただけに、流れを手放す痛い失点となった。

[ スポーツナビ 2008年11月15日 22:28 ]

Nishi-Akashi 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()